或る阿呆鳥に呟く。

~映画、子育て、雑記、何でもありの備忘録〜

【子育て】子どもの習い事について真剣に考えてみた~保育園児は何をしたいだろうか~

f:id:sakonet:20160409142127j:plain

 

さて、暖かい季節になってきましたが、皆さんは運動をされますか?私は子ども(4歳)と公園でボールを蹴るぐらいしか運動はしません。

 

一応、学生時代は「剣道」をやっていましたが、大人になると「久しぶり!剣道しよーぜ!」という流れには、まずなりません。クラブの仲間たちとは今でも交流はあるのですが、100%飲み会ですね。

 

最近、30代半ばが過ぎ、フェイスブックなどで旧友の投稿を見ると「何かを継続している人」が本当に眩しいんですよ。羨ましい。

 

今回は「子どもに何を習わせるか」といった記事を書いてみました。

 

また、ご意見等がありましたら、コメントを残して頂けると幸いです。

 

それでは、早速2015年にケイコとマナブが発表した「子供の習い事ランキング2015年」の情報から見てみましょう。

 

www.keikotomanabu.net

 

 

習わしているランキング(ケイコとマナブより)

実際にしている習い事のランキングです。

1位:水泳
2位:英語・英会話
3位:ピアノ
4位:体操
5位:学習塾
6位:サッカー
7位:書道
8位:ダンス
9位:空手
10位:そろばん

 

水泳が強いですね。水泳は「必ず授業で習う」こともあって、予め水に慣れさせておこうと考える方も多いのでしょう。

勿論、運動量の多いスポーツですし、何より全身の筋肉をバランスよく鍛えることが出来ますので、その後、様々なスポーツへの基本となる体幹が作れるという事もランキング1位の理由だと思います。

 

2位の英語・英会話や5位の学習塾、そして10位のそろばんなどは、何だかんだで今の日本も学歴社会なので、少しでも賢い子どもにしたいという親の気持ちの表れなのでしょう。この辺りの習い事は学校の成績にも直結しますので、一石二鳥的な印象もありますね。

 

個人的には7位の書道を押したいところです。社会人になって10年以上経ち、専らパソコンの前に座ってキーボードを叩く日々を過ごしておりますが、たま~に字を書くときに下手な字だったら恥ずかしくなりますね。

結婚式などの受付で名前を書くときなど、書道はふとしたときに必要となるスキルですので、子どものうちにある程度は身に付けておきたいですね。

 

8位のダンスは時代ですかね。私の子どもの頃にはマイナーな部類に入る習い事でしたが、ここ数年で順位を上げてきたようです。「何習ってんの?」「ダンス!」と答えるだけでリア充のように思えてしまうのは私だけではないはず。

 

 

習わせたいランキング(ケイコとマナブより)

親が習わせたい習い事のランキングです。

1位:英語・英会話
2位:書道
3位:水泳
4位:そろばん
5位:学習塾
6位:ダンス
7位:ピアノ
8位:体操
9位:空手
10位:テニス

 

先ほどのランキングと変わったのはサッカー(out)とテニス(in)だけですね。錦織圭選手の大活躍で、テニスの人気も底上げされたのでしょう。

テニスも全身スポーツ、生涯スポーツの代表のようなものですので、今後も人気が上がってくると思います。何よりお洒落ですしね。

 

習い事と言っても「体を動かす」ものや「頭を働かせる」もの、そして「感性を磨く」ものなどがあります。どれも子どもの成長に大切な要素なので、ほんと何をさせるのかは選択が難しいですね。

  

ちなみに2013、2014年のランキングには「リトミック」が入っていました。リトミックとは、身体でリズムを学ぶことによって、精神と肉体との一致調和、自発性と反射性、精神の集中力と記憶力、創造力などを養成する一種の体操のようなものです。

直接スポーツには関係ありませんが、こういった体を動かしながら感性を育てるものも非常にお勧めです。

うちの息子は保育園で毎日やっているようで、たまに「これ、何の動きかわかるか?」といっていろんな動きを教えてくれます。

息子のお気に入りは「荒れ馬」のポーズです。(笑)

 

 

そもそも何歳から習い事をさせれば良いの?

統計的に見ると3~4歳が多いみたいです。まさに、うちの息子の年齢です。

この間(息子が3歳の時)、保育園の保護者参観がありまして、数人の親御さんに習い事はしているかという質問をさせて頂きました。

結果としては、半分弱の方が既にに習い事をさせていました。英会話、水泳、サッカー、でした。

そろそろ、何かをさせる時期にきているのかもしれません。

 

 

結局、何をさせようか

息子は4歳なのでまだ「~がしたい!」って主張が出来るとは思えません。そうなると、親が習い事のきっかけを与えてあげて、子どもがやりたいと思えるものを探してあげるのが良いのかなと思います。

とはいえ、例えば上位ランキングのうちでも「空手」に関しては近くに道場がありません。そういった制約も考えていくと、自ずとやらせてあげれることは決まってくるのかもしれません。

 

結果、私の場合は、

 

 

「テニス」となりました!!

 

 

うちの近くには「テニススクール」があります。徒歩で行ける範囲ですので、立地条件としては非常に恵まれています。

また、テニスをしている友人が数人いますが、皆充実してそうに見えるのですよね。これはテニスをさせるしかないでしょう!

 

という事で、まずは初めの一歩を踏み出すことが重要だと思います。もし、子どもがそれに興味を持ったら引き続き応援してあげ、別のものに興味を持ったらそちらを習わせてあげるのが良いかもしれません。

 

子ども達の可能性は無限大ですので、親のエゴイズムだけでその可能性を制限するのは勿体ないですね!

 

では、この辺で。