或る阿呆鳥に呟く。

~映画、子育て、雑記、何でもありの備忘録〜

【映画】フォースを感じなかった「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

f:id:sakonet:20160513144650j:plain

SF映画の金字塔ですね。今なお多くのファンに愛され続ける「スター・ウォーズ」シリーズ新3部作の始まりです。

新作が公開間近になる度に社会現象として取り上げられる人気シリーズだけに、往年のファンならずとも便乗して盛り上がってしまいますよね。私は映画館で鑑賞していませんが、何故かスター・ウォーズのグッズが家にある不思議さ。
 
これはフォースの力なのか。
 

今回は動画配信サービを利用して家のテレビで鑑賞しました。

あらすじ

最後のジェダイであったルーク・スカイウォーカーが姿を忽然と消した。彼の命を狙うファースト・オーダー(元帝国軍)陣営と謎に包まれた指揮官カイロ・レンは、その行方を追っていた。
その一方で、レイア・オーガナ率いるレジスタンスたちも、ルークを探し求めていた。そんな中、ついにルークの行先が書いてある地図が発見される。
 

初めに感じた印象

本編の初めにあらすじが流れるのがスター・ウォーズ。「キター!」、これから始まる壮大な冒険に対する期待が膨れ上がります。しかし、前作を観てから数年が経過している今、あらすじを流されたところで理解出来るわけもなく、映画に取り残されてしまった感じの状態で幕開けとなりました。この辺りは私の準備不足に起因します。
やはり、往年のファンをターゲットとして作られた映画ですね。そのため、予備知識0もしくは私の様に前作を忘れた状態での鑑賞はお勧めしません。作中は専門用語のオンパレードなので、これまでの作品を観ていない場合、まず楽しめません。
 

ストーリーについて

次作への伏線が多く、それがストーリー(内容)を複雑にしているようでした。勿論、宇宙に平和をもたらす、と言う大前提はぶれていません。
そして、相変わらずのご都合主義。と、書いてしまうと批判をしている様に感じられるかもしれませんが、実はこれがスターウォーズなのです。
宇宙を舞台とした壮大なストーリーなので細かい辻褄合わせは適当にし、見せたいシーンが大々的に展開されるのです。サスペンスやミステリィを観るときの「刑事の目」で観てはいけません。粗探しをするのであれば、他の映画を観て下さい、と言わんばかりの強気な展開をしますので、ご注意下さい。
ちなみに強引な展開がお嫌いな方は、その時「フォースの力」が起因したと考えれば、納得できますよ。適当。
 

人物(キャラクタ・キャスティング)

主人公レイ(デイジー・リドリー)。良いですね、新しい3部作の主人公としては持ってこいです。力強いヒロインとして申し分なく、時折見せる上品な素顔が後の展開を期待させます。当然、後の2部作についても彼女を中心にストーリーが展開されて行くはずですので見逃せません。
 
しかし、カイロ・レン(アダム・ドライバー)が微妙でした。かなり中途半端なキャラクタです。ダークサイドに落ちたのか、落ちたいのか、良くわからない。ダースベイダーを崇高している事は分かりましたが、どうも厨二病を発症している青二才にしか見えない。要するに「オレはこんなにも悪いんだぜ」と同級生に自慢をしている割に、実はいいヤツな感じがするんです。そう言った、揺れる10代の様なガラスのハートをそのカッコ悪いマスクで隠して欲しかった。もう、隠しきれてないんですよね。しかも、勢いでヤっちゃうタイプの人間らしいです。
 
また、元ストーム・トゥルーパーのフィン(ジョン・ボイエガ)。この人の起用には賛否両論がある様ですが、この人でなくても良かったかな。スターウォーズの中で黒人は「正義の象徴」という暗黙の了解があります。私は黒人を起用しようがしまいが、映画に合っていれば良いと考えています。でも、合ってないんですよね。どうも緊張感がなく、シリアスな場面であればある程、浮いてしまうのです。残念。
 

ちなみにダークサイドとは

日本語で暗黒面です。フォース(架空のエネルギー)を扱うジェダイが欲望や憎悪、恐怖に屈した場合、ダークサイドに堕ちると言います。
スターウォーズにはダークサイドに堕ちるジェダイが後を絶ちません。病んでますね、この世界も。
でも、このダークサイドに堕ちる、考えそのものは嫌いではありません。やはり、人間誰しもが様々な苦悩を抱えて生きているわけですから、それが発端で悪に身を染めてしまうことは十分ありえます。
恐らくジェダイは強大な力(フォース)が有るからこそ、その苦悩が大きいのでしょう。でも、力のあるものだからこそ堕ちずに耐えて欲しいですね。
 

まとめ

このシリーズは大画面、大音量で鑑賞しなければ駄目です。家のリビングで寝転びリラックスした状態で観るなんて以ての外です。やはり、公開初日に映画館でコスプレイヤーに混ざりながら観るべきでした。では。
 
最後までお読み頂きありがとうございました。