或る阿呆鳥に呟く。

~映画、子育て、雑記、何でもありの備忘録〜

日本は雨が多い国なのに何故「防水スプレー」を軽視するのか ~スプレーのすゝめ~

今週のお題「雨の日グッズ」

 

私は革製品が大好きだ。自分の持ち物を見てみると鞄、靴、財布、小銭入れ、キーケース、カードケース、ブックカバーなどは革製品である。かなりの革率と言えるだろう。

 

雨(水分)は革製品にとって天敵である。一度水分に晒された革は不格好なシミが出来てしまい、それは完全に除去できないのだ。そして革本来が持つ風合いも損なわれてしまう。もちろん水が付かないよう極力気を付けてはいるが、それでも突然の雨に降られる事もあるし、飲食店などでお冷の水滴を垂らしてしまうこともある。

 

そんなハプニングに対応するためにお勧めするのが「防水スプレー」である。予め革製品にシューっと一吹きしておくことで雨や水を弾いてくれる。まさに備えあれば患いなしである。

 

お勧め防水スプレー(革製品)

私がお勧めする防水スプレーは「コロニル万能防水スプレーナノプロ」である。防水スプレーにしてはお高めなので革製品にしか使わない。(傘などには別のスプレーを使う)私は土屋鞄とイルビゾンテ、そしてレッドウィングの革製品にこのスプレーを使うようにしている。

たまにスプレー自体のせいでシミになってしまう場合もあるため、まずは目立たないところで試してみよう。今のところこのスプレーのせいでシミになったことはない。

 

Collonil(コロニル) 万能防水スプレー ナノプロ 300ml

Collonil(コロニル) 万能防水スプレー ナノプロ 300ml

 

 

折角なので使い方を簡単にご紹介しておこう。

まずは、革製品をブラッシングしてホコリをしっかりと払う。その後、クリーナーを使ってこびり付いている汚れを落とし、保湿のためオイルを塗ってやる。暫くオイルが染み渡るのを待ってから乾拭きをする。

その後、やっと防水スプレーの出番である。なるべく革製品から離して、満遍なく、そして薄くシューっとかけてやる。

その後、暫くしてから乾拭きをして終了である。

 

ちょっと面倒だぜ、と思われた方がいるかもしれない。確かに面倒だ。それならば、朝起きて雨が降っていたらシューとスプレーを吹きかけるだけでもよい。想像以上にすぐに乾くので朝に吹きかけるだけでも十分である。

 

ちなみにスプレーの効果の過信は良くない。スプレーをしていても極力濡れないようにする事と濡れた場合は必ず拭いてやる事は鉄則である。

 

お勧め防水スプレー(傘)

傘の場合はこちらの安いスプレーを使用している。

 

LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml DBS-420

LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml DBS-420

 

 

使い方は簡単。完全に乾いた状態でスプレーをなるべく傘から離して、満遍なく、薄くかけてやる。時間があるのなら数回繰り返すことで効果が抜群になる。防水スプレーをかけておくことで傘の水はけが良くなり、電車や建物に入る前にブルンと一度降るだけで余分な水滴を取ってくれるので迷惑にならない。雨が降ったときの電車の床は想像以上に滑るのでマナーとしても防水スプレーの使用をお勧めする。

  

まとめ

日本は雨の多い国だ。そのお陰でコンビニでも傘が買える、しかし傘だけでは100%濡れないとは言えない。そのため保険として防水スプレーを吹きかけておくのだ。さぁ、これからの梅雨に備えよう。ん、沖縄は梅雨明けだってさ。

 

PS.革製品は初めて使う前に防水スプレーを吹きかけておくことで汚れ防止にもなる。さぁ、レッツ防水スプレー。

 

byアホウドリ