或る阿呆鳥に呟く。

~映画、子育て、雑記、何でもありの備忘録〜

5年後の自分へ 〜ロックに生きろ〜

年、それは何かが変化するのに十分な時間だと思う。それまで不可能だった事が可能になるだけではなく、可能だった事が不可能にもなる。例えば赤ちゃんは歩けるようになるが、その一方で老人は歩けなくなる。

を重ねる事で起こる変化は良い事ばかりではない。病気が治る人がいる一方で病気になる人だっている。生まれる命がある一方で終わる命もある。

活が一変した出来事がある。以前ブログでも書いたが、私は頭に爆弾を抱えている。未破裂脳動脈瘤。脳の血管に血流が溜まりやすい所(瘤)がある。その部分(の血管)は引き伸ばされ薄くなっているので破れやすくなっているのだ。これが何かの拍子に破裂してしまうとかの悪名高い「くも膜下出血」を引き起こし3分の2の確率で社会復帰が困難になってしまう。だから、私はリスキーな日々を送っており5年後の未来なんて想像もできない。なんて自虐をするつもりはない。

レイ事かも知れない。しかし、未破裂脳動脈瘤の発見以後、それまで出来なかった事が出来るようになった。病気が発見された当初は日常生活に制限がかかると思っていたのに、寧ろ出来なかった事が出来るようになったのだ。これには少し矛盾や皮肉のような違和感があって面白い。でも、本当なのだ。大病を患った事のない人は頭のどこかで自分は元気に生き続けると思っている。私だってそうだった。でも、医者に面と向かって「貴方の頭には未破裂脳動脈瘤があり破裂すれば命を落とす可能性があります」と言われたとき、そんな甘い考えは消し飛び夢から目が覚めた。何故、自分なのだろうと。でも、当時の私は「こんなにも不摂生な生活をしているのに何故病気にならないんだ」と何処か頭の片隅で思っていた。だから、病気が発見されて納得してしまったのかも知れない。

その後、食生活から生活習慣を見直して脳以外の所は以前より健康な状態になっている。そして有意義な毎日を送っている。だから、5年後の自分に以下のメッセージを送りたい。

 

ックな日々を送っている5年後の私へ。君の頭の爆弾は破裂していないかい?もし健在ならば5年後の私へ同じメッセージを送って欲しい。もう、5年頑張ってみようぜと。じゃ。

 

http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary