或る阿呆鳥に呟く。

~映画、子育て、雑記、何でもありの備忘録〜

【雑記】ASKA再逮捕〜栄光・崩壊・再起、そして崩壊〜

少し前の話で恐縮である。先日、チャゲ&飛鳥のASKAが覚せい剤の使用容疑で2度目の逮捕となり、私は「またか」と呟いてしまった。連日連夜、ニュース番組では昔のライブの映像や楽曲が流されていた。我々の心を惹きつける彼の姿(映像)からはミュージシャンとしてのカリスマ性を感じざるを得ない。心から音楽を愛していたのだろう。

しかし、先般マスコミが報道したASKAの逮捕前の様子は我々を心底悲しませた。それは盗聴・盗撮などの妄想を示唆する言動で人間として壊れてしまっていたからだ。私は「壊れる」という表現はとても残酷だと思う。この言葉のニュアンスには何故だか完全には元に戻らない現実を突きつける冷たさがある。きっと覚せい剤や麻薬で壊れてしまった人間の頭は本当の意味で治らないのだろう。ASKAだってそうかも知れない。

テレビ番組などで過去に覚せい剤を使用した人間がインタビューに答えている姿を見ると呆れてしまう。それは彼らの殆どは薬物依存の元凶は「薬」として、自分は完全なる被害者であると信じているからだ。覚せい剤の呪縛は解けることがない。彼らは一生薬のせいにして何事からも逃げて壊れた頭で人生を歩み続けることになる。そして、マスメディアによって見世物にされてしまうのだ。

覚せい剤で人間(人格)が壊れる事は明白だ。でも、まだASKAの再起を信じている自分がいる。普通じゃない。まともな人間ならば1度でも覚せい剤に手を染めた人間を許せるはずがないからだ。そして、人の道を外れたものはそれ相応の社会的制裁を受けるべきだと声高々に叫ぶはずだろう。しかし、何故だかASKAの再起を期待する自分がいるのだ。これは、きっと私だけではない。多くの人が彼の歌声を聞きたいと願っているはずだ。

今回、ASKAに対するマスコミの対応が物議を醸した。それは逮捕前の突撃取材の際にASKA本人の車のエンブレムをへし折り、ボンネットに傷を付けるなどの行き過ぎた行為が視聴者から反感をかったのだ。この姿は海外の過激で低俗なパパラッチを彷彿とさせた。芸能人やミュージシャンのスクープは金になるため、取材対象への接触は強引になりがちだ。この姿が金に群がっているように見えてしまうため「マスゴミ」と揶揄される。

でも、こんな報道を正義とするのなら本当に「マスゴミ」に成り下がってしまうと危惧するのは私だけではないだろう。じゃ。

 

byアホウドリ