或る阿呆鳥に呟く。

~映画、子育て、雑記、何でもありの備忘録〜

【雑記】たった1記事、されど1記事。

告白しよう。悲しいかな、昨年のエントリは1記事だった。この1記事はピッコロさんの魔貫光殺砲(マカンコウサッポウ)バリに指先に気を宿し、己の全てをぶつけたのか、と問われれば無言を貫き通すしかない有様。つまり、怠惰していたのである。ブログという活字の世界から逃げていたのである。時間がないなんて、業務上では使い古した言葉を叫んでもブログを書かない理由には到底及ばないことは100も承知、しかしながら、あえて時間がなかったと言いたい。アラフォー妻子あり、時間なしです。

 

2018年の漢字「災」をさらに暗くした始まり方をした2019年の初エントリであるが、今年は「書こう」と思う。そもそも、このブログは映画や革製品、その他諸々を不特定多数の方に一方的にオススメし、未知なる扉を開けてほしい、という斜め上の目線から誕生したものである。それが、どうでしょう。この体たらく。昨年の私に会えるのなら考え付く限りの罵詈雑言を浴びせてやりたい。お前なんてアホウドリじゃなくてナマケモノじゃないか!と。

 

さて、なぜ私がブログに復帰し直したいのかというと、見てしまったのだ。何を血迷ったのかアクセスログってやつを‥急激に減っとる!ブログを書いていたときに比べて減っとる!‥当たり前やないか!という、ツッコミは噛み締めて頂いて、負けしか知らない人生であってもショックである。

 

と言うとで、とてもとても身勝手な理由からブログ再開を試みているため、どうかお手柔らかにお願い申し上げます。じゃ。

 

byアホウドリ