或る阿呆鳥に呟く。

~映画、子育て、雑記、何でもありの備忘録〜

02 映画

【映画】新章開幕「ジェイソン・ボーン」感想

マット・デイモン主演、大人気スパイ映画の新章が遂に幕を開けた。平日のレイトショーにも関わらず其れなりに客が入っていたので、これは幸先の良いスタートと言えるのではないだろうか。私も早速109シネマズIMAXシアターにて鑑賞して来たので感想を…

【映画】新しい親子の関係「バケモノの子」感想

人間とバケモノの師弟以上、親子未満の複雑な関係に青春恋愛要素を織り交ぜて描いた細田守監督、渾身の作品。どこか「千と千尋の神隠し」を訪仏とさせるバケモノの世界は細田守監督と宮崎駿監督(ジブリ)の確執に所以するのかもしれない。 それは我々観客か…

【映画】人類の存亡を賭けた戦いが今始まる「X-MEN:アポカリプス」感想

満を持して夏の超大作「X-MEN:アポカリプス」が公開となった。X-MENシリーズの8作目、そして一応最終章として世に送り出された作品だ。 しかしながら、日本映画界の扱いはとても酷い。例えば、私は関西でも屈指の大きな映画館に行ったにも関わらず、iMA…

【映画】日本の夏、キンチョーの夏、そして映画の夏〜タイタニック感想〜

今週のお題「映画の夏」 夏の映画ではなく、映画の夏である。映画の夏ってなんだろうと考えていたのだが、学生時代の夏休みにまつわるエピソードとともに簡単な映画のレビュをご紹介する事にした。タイトルのキンチョーはまったく関係ないので悪しからず。

【映画】人ではなく恐竜が主人公の異色作品「アーロと少年」感想

これまでに製作されたピクサー映画の中においては「いぶし銀」的な作品であった。 物語は「隕石が地球にぶつかっていなかったら」という「たられば話」なので、最低限隕石の衝突と恐竜が絶滅してしまった因果関係を知っておく事が映画を楽しむ条件となる。そ…

【映画】人の理性が正しい方向に働くとは限らない「ミスト」感想

霧の先には何があるのだろう。人は見えないものに対して異常なほど恐怖を抱く。霧に隠れているのは凶悪な物体ではなく、もしかしたら凶悪な心なのかもしれない。 人の心は弱い。キャパシティを超える恐怖を感じた時、人としての理性は吹き飛んでしまう。 そ…

【映画】生きる事は奇跡の連発である「オデッセイ」感想

科学を武器に乗り越える、これは主人公マーク・ワトニーが火星で発言した言葉である。 遠く離れた火星は我々人類にとって未知の領域だ。そこで突然の嵐によって1人火星に取り残されてしまったワトニー。嵐に吹き飛ばされ、怪我をし、仲間との通信手段はなく…

【映画】死刑囚による最期の復讐劇「凶悪」感想

この映画からは「凶悪な心は誰にでも宿る」、私はそのようなメッセージを感じた。タイトルが指し示している凶悪は、犯罪そのものではなく、それに至る心の狂気の事のようだ。 事の発端は1人の残忍な犯罪者による犯行だ。しかし、彼の凶悪な心は周りの人間に…

【映画】覚悟を決めてから観るべき作品「冷たい熱帯魚」感想

これは人間の身勝手で凶暴で哀しい性(サガ)を投影した作品だ。実際にあった「愛犬家殺人事件」をモチーフにしているものの、エンターテイメント要素を過分に加えて脚色しているため別物と言っても過言ではない。 しかしながら、同じ手口で殺人や死体処理が…

【映画】もはやターミネーターではない「ターミネーター:新起動ジェニシス」感想

ダダンダンダダン。人気シリーズ5作目。とはいえ、3と4については無かったものとして描かれているため、時系列は「1→2→5」となり実質3作目と言えるのかもしれない。 私は4も面白かったのでシリーズとして認めて欲しい気持ちも有るが、こればかりは1…

【映画】素晴らしき駄作「大日本人」(監督:松本人志)感想

最近、お笑い芸人が映画を製作するケースは珍しくなくなった。ビートたけし(北野武)や品川庄司、劇団ひとりが有名なところである。天は二物を与えず、という諺があるが、彼らを見る限りそういう訳ではなさそうだ。チクショー、才能が羨ましい。 ダウンタウ…

【映画】最高にクレイジーな復讐劇「告白」感想

騒がしい教室の中、教師・森口(松たか子)は静かに語り始める。当時4歳だった娘の死は事故ではなく、このクラスの生徒によって殺されたと。徐々に明らかになる事件の真相、犯人は誰か、なぜ殺したのか、そして森口は犯人にある復讐をしたことを告白する。

【映画】アメコミ史上最もおしゃべりで下品なヒーローの登場「デッドプール」感想

皆さんはアメコミのヒーローといえば誰を思い浮かべるだろう。大人気「スパイダーマン」、恐怖で悪を制圧する「バットマン」、メカ大好き「アイアンマン」、アメリカ最高「キャプテン・アメリカ」、最強無比「スーパーマン」etc。 しかし、恐らく本作「デッ…

【映画】死者と向き合う納棺師を題材とした良作「おくりびと」感想

日々、人間社会には人の死が溢れている。テレビをつけると著名人の訃報を知らせるニュースが流れ、大きな事故、災害においては「犠牲者は〇〇人」と報道される。死に至る背景を知る度、死者が増える度に、私は悲しい気持ちになる。 でも、何処か「他人事」と…

【映画】凶悪な自分が暴走する「隣人13号」感想

まずはあらすじからどうぞ。小学生の頃、村崎十三(小栗旬)は同級生の赤井トール(新井浩文)から受けたイジメが原因で、自分の中に13号(中村獅童)という凶悪な人格を形成してしまいます。 10年後、成長した十三は赤井に復讐をするべく同じアパートの…

【映画】映画館で寝るのは映画が悪いのか観客が悪いのか ~妻が映画館で寝た3作品~

映画館に行く、これは非日常的で特別なことだと思います。でも、そんな特別なことにも拘わらず、ぐーすかと「寝てしまう」というのは果たして映画が悪いのか観客が悪いのかどちらでしょうか。

【映画】ジブリ史上最も伝わらない映画「ゲド戦記」

映画は伝わらなければ意味がないと常々考えております。いつの時代の映画であろうと、根底には必ず伝えたことがあるはず。伝わらない映画ほど残念なものはありません。 特にゲド戦記を観てアニメーションで伝えることの難しさを改めて感じました。

【映画】優柔不断な日本人の民族性を面白おかしく描いた傑作「12人の優しい日本人」

「12人の優しい日本人」は本家「十二人の怒れる男」との直接的な比較は出来ません。それは本作が日本人特有の民族性に重点を置き、たとえ原作のパロディであろうと、全く別の方向を向いた作品のため比較にならないからです。 日本人の民族性とは集団に過剰…

【映画】フォースを感じなかった「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

SF映画の金字塔ですね。今なお多くのファンに愛され続ける「スター・ウォーズ」シリーズ新3部作の始まりです。 新作が公開間近になる度に社会現象として取り上げられる人気シリーズだけに、往年のファンならずとも便乗して盛り上がってしまいますよね。私は…

【映画】ヒーローであるが故の苦悩と葛藤を描いた作品「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」を観た感想

こんちは。GW(ゴールデンウィーク)最終日に「シビル・ウォー」を観てきました。この映画は随分前から期待していましたので、超奮発をして「IMAX3D」で。2,800円なり。

【映画】「ズートピア」は人間社会の闇を明るく照らす作品だった 〜感想〜

ディズニー映画最新作「ズートピア」を鑑賞。最近のディズニー映画にハズレなし、まさにその言葉を証明したような完成度であった。 私は「アナと雪の女王」のように、頼んでもいないのに夢の世界に連れていってくれるファンタジー要素の強い作品には、一歩距…

【映画】あの攻殻機動隊を実写化だって!?~コレジャナイ感が半端ない話~

久しぶりにヤバイ情報が飛び込んできました。なんと、あの伝説のアニメ「攻殻機動隊」がハリウッドにより実写化されるとのことです。(2017年3月全米公開予定) 今のところ、主要人物4人のキャスティングが決定しているようですが、既にコレジャナイ感…

【映画】もうすぐ公開「ズートピア」の日本語吹き替えは観客の心を惹きつけられるのか?

いよいよ、4月23日(土)にディズニー映画最新作「ズートピア」が公開となります。先行公開されたアメリカやイギリスなどでは、初日の興行収入が「アナと雪の女王」を超えるスーパーヒットをかましている作品ですので、私も大いに期待しています。

【映画】日本映画は死んだのか?~最近の傾向と個人的意見~

ここ数日、日本映画に対する様々な意見が取り上げられているようなので、私もそれについて持論を展開してみようと思います。 私は「昔の日本映画は良かったよね」と声を大きくして言うつもりはありません。そもそも、昔の~は良かった、という言葉があまり好…

【映画】良い映画には、良い宿敵がいるってこと!~アクション映画編~

良い映画の条件ってなんでしょうか?ストーリー?キャラクタ?CG?音楽?総合的なもの?色々ありますよね。 そこで、私は1つの答えに辿り着きました。それは、「良い映画には、良い宿敵がいる!」という事です。 *宿敵:ここでは、好敵手やライバルに近い…

【映画】別れは人を成長させると思った映画「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」

小学生の頃、映画館で初めて観た作品が「ドラえもん」でした。まさか、25年の時が経った今、同じアニメを自分の息子と観に行くことになるとは思いませんでした。これは「ドラえもん」が、当時から変わることなく、多くの子ども達に夢を与え続けているからだ…

【映画】自分に自信を持てなくなった時に観る映画「ガタカ」

本日は、SF映画の名作「ガタカ」をご紹介します。この作品は、SFというジャンルに分類されますが、人間の挫折や葛藤、そして夢への挑戦を描いた観応えのあるヒューマンドラマとなっております。

【映画】映画人になろう ~映画館でのマナーを見直そう~

こんにちは、サコです。突然ですが、皆さん、映画は好きですか? 私は大好きです。これまで映画館にもたくさん足を運びました。何度も映画館に行っているうちに「マナーが悪いなぁ」と思う行動をいくつも目にしました。 しかし、その中には無意識のうちに自…