或る阿呆鳥に呟く。

~ジュニアテニス、映画、雑記、何でもありの備忘録〜

【ジュニアテニス】サーブと勝率。

公式戦の翌日、息子(8歳11ヶ月)と地元の公園でサーブの練習をした。 公式戦の記事はこちらから。 www.sakonet.jp 公式戦ではシード選手相手にすべてのショットが通じず、あえなく 1回戦敗退となった。特に息子は、自分のサーブがまったく入らず、試合にな…

【ジュニアテニス】小3息子、公式戦に挑む。

グリーンボールの強烈な洗礼を受けた3ヶ月後、息子は初めて公式戦に出場した。(8歳11ヶ月) 前回のグリーンボール大会(すくすくのっぽくん)の記事はこちら。 www.sakonet.jp この大会のことは今でも良く覚えている。初めての公式戦、初めてのハードコート…

【ジュニアテニス】グリーンボール大会、不安と孤独。

先日のオレンジボール大会から数週間後、息子はグリーンボール大会のコートに立っていた。(8歳9ヶ月) 前回のオレンジボール大会の記事はこちら。 www.sakonet.jp 蝉すら熱中症になりそうな暑い日、息子は初めてグリーンボール大会に出場した。 これまで出…

【ジュニアテニス】オレンジボール大会、優勝とコロナとシングルバックハンド。

レッドボール大会から早一年、とあるオレンジボール大会に出場したときのこと。(小学3年生:8歳9ヶ月) 前回のレッドボール大会の記事はこちら。 www.sakonet.jp 小学3年生から試合の出場回数を増やそうと思っていたが、コロナウィルスの蔓延により多くの試…

【ジュニアテニス】試合に「負け」はない、どういうこと?

テニスのみならず、スポーツに本気で取り組んでいる人は「勝つ」ことが大好きだ。中には勝つこと自体が「自分の価値」だと考えている人もいる。私自身、人生の中で勝つことは多くなかったので、息子が何かで勝てれば嬉しい。 しかし、真剣勝負に「負け」は付…

【ジュニアテニス】レッドボール大会で優勝、しかし得たものは…

前回、息子が初めてレッドボール大会に出場したときのことを書いた。 www.sakonet.jp その時は、試合の雰囲気に飲まれてしまい、自分のテニスができなかった。あれから1年が経ち、息子(小学2年生)の2度目の戦いが始まろうとしていた。 今回の大会にエント…

【ジュニアテニス】息子、初めてテニスの試合に出る!

小学1年生(7歳5カ月)の夏、息子は初めてテニスの大会に出場した。 4歳半から始めたテニスは、週1回のスクールレッスンに加え、土曜・日曜のどちらかは近所の公園で自主練をしていた。真面目な性格のおかげもあり、スクール(同じクラス)では、客観的に見…

【映画】非ゲーマーに贈る「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」感想

ゲーム依存症が世界的に問題視される中、ゲームを通した「人との新しい繋がり方」を発信した作品。かつてファイナルファンタジー(以下「FF」といいます)を夢中になってプレイした人間の1人として、この映画の公開はとても待ち遠しかったとともに、果たして…

【映画】恐竜って良いよね「映画ドラえもん のび太の新恐竜」感想

109シネマズで息子(小3)と鑑賞。駄目だな、40歳にもなると映画本編が始まる前の予告(「劇場版ポケットモンスター ココ」、「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ4人の勇者」、「STAND BY ME ドラえもん2」の3本)を観ただけも涙腺が…映画…

【ジュニアテニス】「PLAY&STAY」を知る。

皆さんは「PLAY&STAY(プレイアンドステイ)」をご存知だろうか。 PLAY&STAYとは、 通常よりも速度の遅いボール、短いラケット、小さいコートを使用することで誰でも簡単にラリーをすることができ、小さな子供から高齢者の方まで、ラケットを持ったその日か…

【ジュニアテニス】きっかけは左利き。

ジュニアテニスを始めるきっかけは、息子が「左利き」だったこと。 息子は2歳を過ぎた頃から、左手で文字を書く、ボールを投げる、手を繋ぐ、箸を持つようになった。特にご年配の方からは「左利きはいつまでに矯正するべきか」、「左利きのデメリット」、「…

【ライフ】システム手帳「JAPAN BLUE(ジャパンブルー)」について語るの巻

昨年、KNOX BRAIN(ノックスブレイン)の超薄型システム手帳「LUFT(ルフト)」のレビュを投稿した。 www.sakonet.jp ルフトは私が求めていた三要素「ビジネスで使える、オシャレ、シンプル」を兼ね備えた素晴らしいシステム手帳であった。使い始めた直後に…

【読書】「フォグ・ハイダ」(著森博嗣)

以前、こんな記事を書いた。 www.sakonet.jp 人気小説の映像化は、その行為そのものがマーケティング的にはオッケーになるのだろうが、原作のファンからするとガッカリすることが多い。それは、読み手が頭の中でキャラクタを自由に作る(想像する)という醍…

【雑記】自分は何から産まれたのだろうか、と疑問に思う。

哲学的な話ではない。ただ、自分は何から産まれたのだろうか、と思うことがある。そりゃ母親だろう、とお思いの方、大正解だ。父と母がいてこそ子は生まれる。こんな事、子どもだって知っている事実だ。私だってそう考えていた、母親が亡くなるまでは。 私の…

【お題】ナウでヤングなドーナッツをこよなく愛した青春の日々。

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」 私は「ひとり飯」を食べることがあまりない。確か1カ月ほど前、10年ぶりぐらいに1人でカップラーメンを食べた記憶はあるものの、どこのカップラーメンだったかは全く覚えていない。そんな私であるが、学生時代に…

【ライフ】システム手帳「LUFT(ルフト)」について語らせてくれ。

私は人生の大半をかけて「手帳は高橋」と高橋書店からの使者の如く、それを周りの人間に勧めてきた。周りから見ると、その姿はまるで壊れたゼンマイ人形のようで滑稽だったであろう。今もなお高橋書店の手帳が優れていることは疑う余地のない事実であるが、…

【雑記】助けを必要としていない人に手を差し伸べる価値

多種多様な人間が日常の移動手段として利用する電車。そこは電車男然り、映画顔負けのドラマだって潜んでいるパンドラの箱ではないだろうか。そんな赤の他人、未確認生物、魑魅魍魎がひしめき合うような異次元の空間において、私はいつも1人の「人間」に注…

【映画】ドラえもんこそ最高のSFだ「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団」感想

今回は映画・ドラえもんシリーズから「新・のび太と鉄人兵団」をご紹介したい。この作品は1986年に制作されたオリジナル版と2011年に制作されたリメイク版の2つがある。ネット上ではこれら2つを対比するかのようなレビュが散見されるが、それは野…

【お題】私と黒い鳥

夏の暑い日の朝、颯爽と電車を降りた私は会社への短い道のりを1人歩いていた。周りにはホームレス、ゴミ、白い鳩、ゴミ、そしてまたホームレス。国に見捨てられた都市なのかホームレスに荒らされた環境のせいなのか、兎に角町には活気がなかった。私はこれ…

【雑記】ASKA再逮捕〜栄光・崩壊・再起、そして崩壊〜

少し前の話で恐縮である。先日、チャゲ&飛鳥のASKAが覚せい剤の使用容疑で2度目の逮捕となり、私は「またか」と呟いてしまった。連日連夜、ニュース番組では昔のライブの映像や楽曲が流されていた。我々の心を惹きつける彼の姿(映像)からはミュージ…

【雑記】ゾンビに恋せよ!ウォーキング・デッドのススメ。

ゾンビなんて大嫌いだ。多分、貴方はそう思っているだろう。その気持ちはよく分かる。何故って?私もそうだったから。ゾンビ、クサソウ、キタナイ、キンモーだったのだ。 しかし、今回は年末年始に観るべき海外ドラマとして敢えてゾンビドラマ「ウォーキング…

【映画】漫画は日本が世界に誇る文化だ「バクマン。」感想

今や漫画は日本の文化だ。映画「バクマン。」はそんな漫画に青春のすべてを賭けた高校生たちのドラマである。キャストを一見すると佐藤健や神木隆之介などの今をときめく若手俳優を起用しており、汗と涙が飛び散る爽やかな学園ドラマを彷彿とさせる。しかし…

【雑記】そば湯飲まない論

先日、はてな匿名ダイアリーに「そばの茹で汁(ゆでじる)を平気で飲む彼氏」というタイトルの記事が投稿された。内容を要約すると「彼氏がそばの茹で汁を飲んでいた。茹で汁ごときを健康に良いからといって平然と飲むなんて信じられなーい」という事になる…

【映画】めんどくさいから殺していい?「ヒメアノ〜ル」(R15)感想

原作(漫画)は読んでいない。主演の森田剛が素晴らしいとの評判だったので観たかった作品だ。遂にDVDで観る事が出来たので所感を記す。 あらすじ 普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田(濱田岳)は、同僚からカフェの店員ユカ(佐…

5年後の自分へ 〜ロックに生きろ〜

5年、それは何かが変化するのに十分な時間だと思う。それまで不可能だった事が可能になるだけではなく、可能だった事が不可能にもなる。例えば赤ちゃんは歩けるようになるが、その一方で老人は歩けなくなる。 年を重ねる事で起こる変化は良い事ばかりではな…

【雑記】芸術に安全管理の概念はない

先日、痛ましい事故が起きた。東京・明治神宮外苑で行われたイベント「東京アートウィーク」の展示物(芸術作品)が炎に包まれて5歳の男の子が亡くなった。この展示物は木製でジャングルジムのような形をしており中には「木くず」が絡めつけられているもの…

【雑記】11月7日はバナナの日ではない

11月7日といえば何・誰が生まれた日を想像するだろうか。はてなブログ?違う、マリ・キュリー(キュリー夫人)?違う、長瀬智也?違う、実は彼らの陰に隠れて生まれたもう一つの命がある。そう、私が生まれた日なのだ。齢37、これからも身分相応、質素…

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーン 〜質問に答えてみた〜

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」に答えてみた。日常生活の97パーセントはパソコンやスマホで文章を入力しているが、残りの3パーセントはボールペンを使って書いている。たった3パーセント、されど3パー…

【雑記】日本にはハロウィーンを受け入れるTPOがない

ハロウィーンはここ数年この季節になると芸能人のみならず我々一般パープルの間でも話題になるイベントだ。本来、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い払う意味合いのあるはずの祭りだが、日本では専ら仮装大会のような位置付けとされている。私はパーティーにこ…

【雑記】僧侶・JK・援交・偽札

愛知県の僧侶(28)が女子高校生(以下「JK」という)に援助交際の見返りとして偽札を手渡し逮捕されるというファンキーなニュースが飛び込んできた。この犯行が明るみに出た発端はJKが受け取った偽札を薬局で使い店員に指摘された事らしい。もし、僧…